育毛剤 選び方

何故、育毛剤の効果が出ないのか・・・・・

自分に効く育毛剤がわかれば失敗しませんよね?

 

多くのサイトで紹介されているの育毛剤は、 

  • 血行を促進するタイプ
  • 男性ホルモンを抑制するタイプ
  • 毛母細胞を活性化するタイプ
  • 頭皮環境を整えるタイプ

の4種類あるので、「自分に合うものを選べばよい」というものですが・・・・
これは忘れて下さいね(笑)

 

 

この情報は古いですし、「どのタイプが自分に合うのか?」なんて分かりますか?
多くの人は分かりませんよね。

 

 

育毛アニキが勇気を持って断言します。
こんな情報は意味がありません!

育毛剤の<失敗しない>選び方とは・・・・・

育毛剤には、いろいろな育毛成分が配合されています。

 

主な成分には、

  • 「男性ホルモン抑制成分」
  • 「毛母細胞活性化成分」
  • 「毛細血管拡張剤」
  • 「栄養補給成分」
  • 「保湿成分」
  • 「消炎成分」
  • 「頭皮活性化成分」
  • 「抗酸化成分」
  • 「抗菌成分」
  • 「抗脂漏成分」

などがあります。

 

この中で特に重要な成分は
男性ホルモン抑制成分毛母細胞活性化成分です。

 

 

と言うのも、男性ホルモン抑制成分は、男性型脱毛症(AGA) の原因であるDHTを作らせないようにする成分です。これが、脱毛を抑制してくれます。抜け毛のブレーキとなる成分ですね。

 

 

最近では、女性も男性型脱毛症の方もいるほどなので、女性にも有効な成分ですよ。

 

 

また、毛母細胞活性化成分というは、直接、髪の毛を成長させる成分です。発毛のアクセルとなる成分ですね。

 

 

これまでの育毛剤は、「血行を良くする⇒栄養素を毛根へ運ぶ⇒毛母細胞が活性化する⇒髪の毛が生える」というような、遠回りの効果でした。

 

 

育毛剤を選ぶ際には、この「発毛へのアクセル」と「抜け毛のブレーキ」となる成分を配合しているものを選びましょうね。それが、失敗しないための基準ですよ。

育毛剤の<おすすめ成分>

最近では、ダイレクトに毛母細胞に作用する成分が出てきたんですよ。

 

従来の発毛効果を持つ成分の作用と言えば、「末梢血管を拡張して血行を促進する。その結果、肝臓で作られた栄養素が毛根へ運ばれて毛母細胞が活性化する」というものでしたね。

 

 

それが、そんな遠回りをしなくても、直接、毛母細胞を活性化させるのですから、これは凄いと思いますよ。この成分「バイオポリリン酸」っていうのですが、特許を取得しているので、この育毛剤にしか配合されていません。

 

バイオポリリン酸が気になる方は⇒チェック

 

 

また、あのミンキシジルと同等の発毛効果を持つ「M-034エキス」という成分も出てきましたね。これは、ミノキシジル同様に、「末梢血管を拡張して、血行を促進・・・」ってことですからね。間接的な発毛効果とも言えます。

 

このM-034エキス配合の育毛剤は、「濃縮育毛剤ブブカ」「育毛剤チャップアップ」「ヘアードーン」の3種類があります。
なかでも、「濃縮育毛剤ブブカ」」は一番初めに「M-034」を配合した育毛剤ですし、最新版では、M-034エキスを60%も増量しているので、この成分が気になる方はチェックして下さいね。