育毛剤 種類

育毛剤は4種類に分類されるのか?

育毛剤の種類は、

 

  • 血行を促進するタイプ
  • 男性ホルモンを抑制するタイプ
  • 毛母細胞を活性化するタイプ
  • 頭皮環境を整えるタイプ

 

の4種類しかない。

 

というのが一般的な考え方ですね。
多くのサイトも「育毛剤は4つの対タイプに分けられる」と紹介しているますもんね。

 

 

育毛アニキの考えは少し違います。確かに少し前までは、この4種類に分類されていたのかもしれません。しかし、最近の育毛剤は、必ずしもこの4種類に分類されるものではありませんよ。

 

 

例えば、男性型脱毛症(AGA)の原因でもあるDHT(ジヒドロテステステロン)ですが、このDHTは“テステステロン”に“5αリダクターゼ”が作用して生成されることが分かっています。

 

 

そこで、DHTが作られないように「5αリダクターゼを抑制」する成分”が配合されている育毛剤があります。

 

 

さらに、「毛母細胞を活性化」させる成分までも配合されています。そして、「頭皮の酸化を防ぐ成分」やと「血行を促進する成分」も配合されています。

 

 

  • では、効果のある育毛剤とは「男性ホルモンを抑制するタイプ」の育毛剤なのでしょうか?
  • それとも、「毛母細胞を活性化するタイプ」の育毛剤なのでしょうか?

 

 

今や、育毛剤を4つのタイプに分類することはナンセンスなんですよね。

男性用育毛剤と女性用育毛剤も分類しないのか?

厳密に言えば、男性用という分類はありません。
「育毛剤と言えば男性が使う物」というイメージでしたね。

 

 

しかし、最近では女性の中にも薄毛に悩む方が多くなってきました。

 

 

そこで、育毛剤メーカーが研究するんですね。
「女性の薄毛の原因は何か?」ということをね。

 

 

そして、ストレスなどで女性にも男性ホルモンの影響を受ける薄毛が存在すること分かったんですね。今までは、血行促進や保湿成分が主成分である育毛剤が主流でしたが、「女性男性型脱毛症」という女性の脱毛症が証明されて育毛剤が研究されてたんですよ。

 

 

で、男性ホルモン抑制成分が配合された育毛剤が誕生したんですね。

 

 

「じゃあ、男性用と呼ばれるものと何が違うの?」という疑問が出てきますね。

 

 

男性用(正確には男性用はありませんが・・・)と違うのは、「保湿成分が多い」ということです。女性の薄毛の原因の一つに、“頭皮が乾燥しがち”というものがあります。頭皮が乾燥すると「雑菌が増えて頭皮環境が悪化」して抜け毛が増えるんですよね。

 

 

そこで、従来の育毛剤よりも保湿成分を多く配合したものを「女性用育毛剤」として開発したんですよ。

 

もう一つ違うのが「男性ホルモンを抑制する成分の濃度が少し低い」とういうことです。女性だから、そこまで多くは必要ないという考えなんですかね。

 

 

ということで、

 

 

「男性用育毛剤」「女性用育毛剤」という分け方よりも、従来の育毛剤に「女性用育毛剤」が加わった!というのが正しい解釈だと思いますよ。

 

 

 

育毛剤の種類|TOP育毛剤の<失敗しない>選び方