育毛剤 副作用

副作用の心配のある育毛剤とは・・・・・

抜け毛や薄毛に効果のある育毛剤ですが、副作用の心配もあります。

 

特には医薬品としての育毛剤であるのは、リアップが考えられます。
リアップは「発毛効果」の高い育毛剤として広く知られています。

 

しかし、リアップにはミノキシジルが配合されていますが、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールという成分にアレルギーの可能性があるんです。

 

最も多い副作用には、“発疹”“精力減退”“動機”“頭痛・めまい”などがあります。
特に、心臓病の方には使用上の注意があります。

 

リアップは、薬局など薬剤師のもとでしか購入することができないのも、このような理由からなんです。

 

また、個人輸入によりリアップよりもミノキシジルの濃度の高い「ロゲイン」を購入する人もいるようですが、あまりお薦めできません。

 

副作用の心配が他の育毛剤よりも高いため厚生労働省が医薬品として販売を認めた経緯があるるあらです。

その他の育毛剤の副作用は・・・・・

ミノキシジル以外の育毛剤の副作用も、全て安全ということは言えません。

 

確かに、最近では“無添加育毛剤”など副作用の心配のないような印象がありますが、これも全ての人に「副作用がない」とは言えません。

 

しかし、多くの人には、副作用の可能性は低いと言えます。
化学薬品を使用しない“無添加”であるのが、その理由です。

 

しいて言えば、「特定の植物にアレルギーのある人には副作用の心配の可能性がある」と言える、程度ですね。

 

 

このように医薬品の育毛剤には副作用の心配があります。

 

 

しかし、無添加育毛剤だからと言って、副作用の心配がないとは言えませんが、その可能性は低いのです。

 

無添加育毛剤は、「主成分の効果が高いもの」ということを基準に選ぶとが育毛効果の高いのかもしれまんせん。