育毛剤 効かない

育毛剤が効かないというは・・・・・

「育毛剤が効かない」という声はよく耳にします。
では、何故、育毛剤が効かないのか?

 

育毛アニキが解説しますね。

 

前提として「同じ育毛剤を最低6か月は使いつづけている」としますね。

 

  1. “まだ3か月しか使っていない”
  2. “6か月は使っているけど、すぐに育毛剤の種類を変える”

 

という方は除外しますね。

 

「1」は、まだ効果を議論する段階にありませんので、もう少し使い続けて下さいね。その育毛剤がアナタに効くか現段階では分かりません。

 

「2」の場合には、育毛剤を変えるということは、育毛成分を変えるということです。後からも説明しますが、効果が出そうになる前に育毛剤を変えている可能性もありますよ。

 

正確に言うと、

 

「育毛剤が効かない」のではなくて「その育毛剤に含まれる育毛成分が効かない」ということなんですね。

 

だから、「今、ご使用中の育毛剤が効かない」のであって、育毛剤を変更すれば「効く」かもしれません。

 

例えば、ミノキシジルと同等の発毛効果という育毛剤が効かない方もいます。
それは、そこに含まれている成分が効かないのですね。

 

 

しかし、他の育毛成分なら効くかもしれませんよね。

 

 

『育毛剤が効かない』=『その育毛剤に配合されいるの育毛成分が効かない』
というこは、他の育毛剤なら効くかもしれない!

 

 

では、育毛剤が効かないというリスクをできるだけ回避するためにはどうすれば良いのか?

育毛剤を効かない可能性を低くするためには・・・・・

必ず、「発毛効果のある成分」を配合してある育毛剤を選ぶこと。
さらに、「脱毛抑止成分も含む育毛剤」を選ぶこと。

 

この2つが大切なんです。

 

「生えているそばから、抜け毛が止まらない・・・・・」なんてことにならないようにしましょうね。

 

 

そして、出来るだけ発毛効果の高い成分を使用すること。というのも、「脱毛抑止効果を持つ成分」というのは、どの育毛剤においても変わらないってことなんです。

 

 

違うのは「発毛効果のある成分」が違うんですね。
そこで差別化をしているんですよ。

 

 

では、どの発毛成分が一番強いのか・・・・・

 

 

育毛アニキの独断と偏見ですが・・・・・(というのは、その成分が効くかは個人差があるので・・・)バイオポリリン酸が一番ではないかと考えます。

 

 

このバイオポリリン酸ですが、唯一、ダイレクトに毛乳頭に作用するんですよ。

 

他の成分は、「血行を良くして、栄養を毛根へ届ける」効果なんですね。結果として、「毛乳頭が活発になる」ということなんですけどね。

 

このバイオポリリン酸は、特許を取得している唯一の発毛成分なんですよ。