女性用育毛剤の副作用

女性用育毛剤は副作用があるの?

男性の場合は遺伝や生活習慣の乱れが見られることにより、頭髪が薄くなったりはげてしまったりと言うのはある意味ごく一般的なことであり、周りの人たちもそういう人たちが多いのでそれほど気にならなかったり諦めもつきやすいのですが、女性の場合は髪の毛が薄くなってくるというのは耐え難い苦痛であったりしますので、女性用育毛剤を使ってしっかりとケアしていきたいと思うものです。

 

しかし女性用育毛剤を使うと副作用があるのではないかと心配される方がいます。
確かに育毛剤を使えば副作用が全くないということはありません。

 

具体的に育毛剤にはどんな副作用があるかということですが、まずフィナステリドという成分が含まれて育毛剤の場合は特に妊娠中の女性にとっては悪い影響を及ぼすと言われています。胃の不快感があったり食欲が低下したりするなど胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので使用はおすすめできません。

 

またイノキシジルと言う成分が含まれている育毛剤を使うと、低血圧や動悸がする場合もありますので、これらの成分が含まれる育毛剤を使用することもお勧めできません。

 

 

しかしこれらの成分は女性用育毛剤につかわれていないので安心してもらえばいいと思われます。

 

 

という事は男性用育毛剤の中にはこれらの成分が含まれていることがありますので、男性の育毛効果が高いとなれば女性がそれを使えばさらに育毛促進の効果が強いのではないかとおもい、女性の中で使われる方がいますが、おすすめできません。

 

上記のような副作用を起こす可能性が極めて高いからです。
女性用とわざわざ専用の育毛剤を販売しているのはそのためですので、安易に男性用育毛剤を使うことのないよう気を付けなければなりません。