フィンペシア 副作用

フィンペシアの副作用

フィンペシアは男性型脱毛症の治療薬として有名な薬品です。
フィンペシアは男性型脱毛症にのみ効果的な薬品であり、円形脱毛症や産後脱毛には効果がありません。

 

それと、男性型脱毛症の進行を遅延する為の薬であり、抜け毛の進行を止めることは出来ても、育毛や発毛の効果はありません。
他の育毛もしくは育毛効果のある薬とあわせて使うことが効果的です。

 

また、女性の服用は出来ません。
妊娠中もしくは妊娠の可能性がある女性は錠剤に触ることも避けてください。

 

そして、同様の効果を持つ他の薬品に比べ値段が安いのも特徴です。
フィンペシアよりも倍以上の値段がする薬もあり、その安さから長期間の服用に適しており愛用している人も多いです。

 

ただし、個人輸入で手に入れた場合は、完全に自己責任での使用になるので注意が必要です。

 

これだけ見ると、男性にとってはとてもよい薬のように感じるでしょうが、この薬には副作用も存在しています。
フィンペシアは男性ホルモンを抑制する薬なので、副作用として男性機能の低下が起きる可能性があります。
主に性欲減退、勃起不全、精子減少の3つを引き起こします。

 

フィンペシアが女性に良くないということから、服用中に女性と性行為をするのは女性にとって良くないと考える人もいますが、服用中の男性との性行為に関しては特に問題はないと言われています。
心配ならば、性行為のおよそ一ヶ月ほど前から服用を中止すると良いでしょう。

 

他の副作用として、錠剤のコーティングに使われている「キノリンイエロー」という成分に発ガン性があるという噂が流れたことがあります。

 

しかし、キノリンイエローに発ガン性あると言う研究データは存在せず、単なる噂だと言われています。
また、副作用とは別ですが、世間にはフィンペシアの偽物も出回っており、輸入代行業者を使って個人輸入で手に入れる場合は特に注意が必要です。
絶対に安全な入手方法はありませんが、出来る限り信頼できる輸入代行業者を使う必要があります。

関連ページ

プロペシアの副作用
プロペシアは「飲む育毛剤」として有名で、病院でのAGA治療に使用されています。その効果は高いのですが、副作用の心配もあるんです。すぐに効果が出るわけではないので、医師と相談して使用しましょうね。
ミノキシジルの副作用
もともとは血圧降下剤として使用されていたミノキシジルですが、育毛効果も高いので育毛剤に使用されるようになりました。最近では、内服薬としてタブレットも発売されていますが、副作用の心配もあるので医師による処方が安心ですよ。