ミノキシジル 副作用

ミノキシジルの副作用

血行を促進し、頭皮環境を改善、発毛につなげるというのがミノキシジルです。主に男性型脱毛症などの薄毛治療に用いられますが、気になるのが副作用ですよね。どうなのでしょうか。

 

実はミノキシジルといっても日本で市販されているものは大正製薬から販売されているリアップのみです。リアップとは外用薬、つまり頭皮に塗るタイプの薬です。そのため副作用と言っても、せいぜい頭皮の痒み程度となるので心配ありません。
問題が内服タイプのミノキシジルです。ミノキシジルタブレットは日本国内では医薬品として未承認となっています。そのため通常なら手に入らないのですが、個人輸入という形なら法的にも問題なく入手が可能です。

 

外用薬よりも内服薬の方がより一層の効果が期待できるのですが、その反面副作用の心配も大きくなるのです。そこで、ミノキシジルタブレットを服用した際に考えられる副作用を解説します。

 

まずは低血圧です。元々高血圧症患者の治療薬として使用されてきたので、元々血圧が低い人が服用すると、低血圧症になる危険性があります。

 

また、頭髪以外の体毛が濃くなることも考えられます。血流が良くなって頭皮環境が改善するのですから、他の部分も血流がよくなります。すると目的以外の部分の体毛も濃くなる危険性があるのです。

 

それに、皮脂の分泌が活発になりにきびができやすくなったり、逆に皮膚が乾燥したり、ふけがでたりなどもあるようです。
加えて、直接のつながりがあるかは疑問ですが、性欲減退、勃起不全などの報告もあります。
ただ、命に関わるような重篤な副作用の報告はないので、そんなに気にすることはないと楽観的に考えることもできます。

 

しかし、副作用が絶対にないというわけではありません。だからこそ日本では医薬品として未認可なのです。ミノキシジルのような育毛効果がある天然の成分は、現在いくつか報告されています。上記のような副作用が心配であるなら、安全性の高い天然の発毛成分を使用して、その効果を試してみるのがいいでしょう。

関連ページ

プロペシアの副作用
プロペシアは「飲む育毛剤」として有名で、病院でのAGA治療に使用されています。その効果は高いのですが、副作用の心配もあるんです。すぐに効果が出るわけではないので、医師と相談して使用しましょうね。
フィンペシアの副作用
フィンペシアは男性型脱毛症に有効な成分です。「円形脱毛症」や産後の「びんせい脱毛症」には効果がないので注意が必要です。また、副作用の心配もあるので個人で入手する場合は注意が必要です。