プロペシア 副作用

プロペシアの副作用

男性型脱毛症は以前は改善が難しく、そのまま少しずつ進行していくものとされていましたが、今は良い治療法も登場しており、治療でかなり改善される人も増えています。

 

そして、AGA治療では様々な治療が行われていますが、特にプロペシアはよく利用されている薬です。
これは飲むタイプの育毛剤となっており、1日1回服用することで、抜け毛の進行を抑えてくれます。

 

プロペシアは良い効果が期待できる薬ですが、すぐに効果が出るわけではなく、最低数ヶ月は続けていく必要があります。
それから、効果が出ても、薬をやめてしまうと、また髪の状態は少しずつ戻ってしまいますので、効果を持続するためには、薬を続けていく必要があります。

 

それゆえに長期に服用していくこととなりますので、副作用も気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

薬にはどんなものでも副作用がありますが、その出方には個人差があり、ほとんど出ない人もあれば、強く出てしまう場合もあります。
利用する前は医師や薬剤師から薬についての説明はしっかり受けておきましょう。

 

プロペシアの副作用では、まず初期脱毛があげられます。
この症状はすべての人に出るわけではありませんが、毛髪のサイクルを整える過程に起りやすく、飲み始めの頃により多くの抜け毛が発生する場合もあります。
とはいえ、この症状はいつまでも続くのではなく一ヶ月程度でおさまるとされています。

 

そのほかで気になる症状としては性機能の低下があげられます。
性欲の減退なども個人差があり、ほとんど変化がないという方もいらっしゃいますが、強く症状が出る場合は医師に相談してみましょう。

 

さらに人によっては肝機能障害が起る場合もあるとされていますので、もともと肝臓の機能が衰えている場合は医師にそのことは伝えておきましょう。

 

それからプロペシアは男性専用の薬となっており、妊娠している女性が触れると胎児の生殖機能に影響が出る場合もあるとされていますので、子どもや女性の手の届かないところに保管しておきましょう。

関連ページ

ミノキシジルの副作用
もともとは血圧降下剤として使用されていたミノキシジルですが、育毛効果も高いので育毛剤に使用されるようになりました。最近では、内服薬としてタブレットも発売されていますが、副作用の心配もあるので医師による処方が安心ですよ。
フィンペシアの副作用
フィンペシアは男性型脱毛症に有効な成分です。「円形脱毛症」や産後の「びんせい脱毛症」には効果がないので注意が必要です。また、副作用の心配もあるので個人で入手する場合は注意が必要です。