保湿成分 育毛剤

育毛剤に含まれる保湿成分の働きとは・・・・・

男性はもとより、最近では女性でも薄毛に悩む人が増えてきましたよね。
そのため、各メーカーからは男性用育毛剤や女性用育毛剤、あるいは男女兼用の育毛剤が発売されています。

 

 

いろいろなメーカーから発売されている育毛剤ですが、いったい何が違うので
しょうか?

 

 

薄毛の原因は、人それぞれ違いますよね?
その原因にダイレクトに働きかけれるように有効成分に違いがあったり、配合率が違うんですよ。
自分には、どの育毛剤が合うのかを知ることも大切なポイントですね。

 

例えば、

 

男性の薄毛の場合には、男性ホルモンが過剰に分泌されることから皮脂が多く分泌されるようになります。その結果、毛穴がふさがり、髪の成長を妨げることが原因の一つとして考えられています。

 

ということから、

 

男性用育毛剤では、過剰な皮脂の分泌を抑える効果をアピールしているものが多いんですよ。

 

 

一方、

 

女性の場合もストレスなどにより、男性ホルモンが悪さをすることもありますが、女性は男性よりも体内の男性ホルモンの量が少ないため、どちらかと言えば、皮脂の多さよりも頭皮の乾燥が薄毛の原因であることが多いんですよね。

 

そのため、女性用の育毛剤には、保湿成分が多く含まれる製品が多く見られるんですよ。

 

製品の裏側に配合成分が印刷されていることが多くありますが、その成分の中でも、アルテア抽出液、イチョウ葉エキス、海藻エキス、アロエ抽出液、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウムなどが保湿成分に該当しますので、保湿成分が多く含まれた育毛剤を探す時には、これら成分をよく覚えておいて購入するとよいですよ。

 

 

また、スキンケア製品でよく使われている保湿成分として有名な、ヒアルロン酸が配合された育毛剤も存在するんですよ。

 

これら保湿成分には、乾燥気味な頭皮を潤し、ターンオーバーが乱れることで剥がれ落ちにくくなった古い角質であるフケを改善するという働きがあるのでうれしいでよね。

 

乾燥が原因の皮膚のターンオーバーの乱れは、顔の皮膚にもよく見られるトラブルであり、顔と頭皮は繋がっていることから、頭皮に対しても顔のケアと同じく有効な対処法といえるんですね。

 

皮脂の分泌が多く、洗浄力の強い育毛シャンプーを利用している男性にも保湿は頭皮の健康に大事な要素ですので、薄毛ケアの際は保湿も考慮して育毛剤を選んぶことをオススメします。

 

関連ページ

関連ページ

男性ホルモンを抑制する成分@テステステロンを防御してDHTを背せ
男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(テステステロン)を抑制する働きがあります。するとDHTが生成されないので抜け毛が減ります。
抹消血管拡張の効果@血行促進は発毛促進へ
ミノキシジルなど効果の高い抹消血管拡張成分があります。血流が高まると肝臓で作られた栄養分が毛根へ運ばれやすくなるので発毛にとても効果が高いんですよ。では、副作用の心配のない安全な成分とは・・・・・
毛母細胞活性化の効果@髪の毛が生えるんです!
育毛剤の効果・効能を知るには、育毛剤に含まれる成分の効果効能を知る必要があります。毛母細胞活性成分とは、どんな役割がるのでしょうか?何故、発毛効果が高まるのでしょうか?その答えは・・・・・
栄養補給成分の働き@髪の毛にも栄養が必要です
髪の成長には栄養素が必要です。そのため栄養補給成分配合の育毛剤が効果的なんです。特に女性には、産後の脱毛やダイエットにより薄毛の心配があるのでお薦めなんですよね。
頭皮代謝成分の効果@育毛に最適な頭皮環境を作る
女性にも薄毛の悩みが増えています。女性用には、頭皮代謝成分配合の育毛剤がお薦めなんですよ。その理由とは・・・・・
抗菌・消炎成分の効果@皮脂は雑菌の栄養素です
抗菌・消炎成分を含んだ育毛剤は、頭皮環境を整えるだけでなく、髪の毛の成長にも関係してくるんですよ。今、お使いの育毛剤は、いかがですか?一度、成分表示を確かめてみましょうね。
抗脂漏成分の働き@皮脂には5αリダクターゼがあるんです
男性ホルモンを悪玉男性ホルモンのDHTへと変えるのが還元酵素の5αリダクターゼです。その還元酵素が含まれているのが皮脂なんですね。過剰な皮脂が「薄毛の敵」である根拠です。では、抗脂漏成分とは・・・・・
抗酸化成分の効果@頭皮の酸化を抑えて皮脂を角質化させない
抗酸化成分は地味な存在ですが、実はとても重要な成分なんです。どんに重要かと言えば・・・・・
角質溶解成分の効果@角質化した皮脂を溶解し浸透させる
毛穴が詰まってたは、髪の毛の成長を阻害するだけでなく、育毛剤の浸透をも阻害するのです。角質溶解成分の配合された育毛剤を使用するのも一つの予防ですね。