皮脂を角質化させない

頭皮の老化を抑えるために・・・

近年では、様々な種類の育毛剤が販売されていますね。
医薬品や医薬部外品の育毛剤、頭皮に優しい無添加の育毛剤などなど。

 

育毛剤には、育毛や発毛、頭皮環境を整えるものなどに効果的な成分が豊富に含まれているますが、配合されている成分は、商品によって違います。

 

また種類も多いため、育毛剤のどの成分に効果があるのか分からない方も多いのではないでしょう?

 

 

 

育毛剤を選んでいる時に、「抗酸化成分」という表記を目にしたことはありませんか?

 

 

 

抗酸化成分とは、一言で言うと「酸化を防止することができる成分」ですね。
人間の体には呼吸から取り入れた酸素の化学変化によって酸化現象が起こっているんですよ。

 

その結果、血流が悪くなったり、毛穴の油分が酸化してしまうことえ皮脂の分泌量をコントロールできなくなることで頭皮の老化してしまうんです。
頭皮の老化は、薄毛や抜け毛を早めてしまうんですね…。

抗酸化成分の重要性とは…

そこで、毛穴の酸化を防ぐ成分が抗酸化成分です。

 

過剰に分泌されている皮脂や毛穴に酸化促進を抑制するため、頭皮に抗酸化成分を与えるんですね。

 

すると、頭皮環境が正常に戻り、皮脂の分泌量をコントロール改善して、血行促進、保湿、抗菌作用など発毛・育毛に向けての準備が整うんです。

 

 

この抗酸化に使用されている成分には、様々な種類があり、代表的なものにビタミンEがあります。
ビタミンEは、血管を拡張して血流を良くする働きや、酸化防止作用に優れているため、多くの育毛剤に用いられているんですよ。

 

 

 

他にも、ザクロエキスやオキナワモズクエキス、アセロラエキス、ビルベリー果実エキス、ヨーロッパブナエキスなど、天然由来の成分が抗酸化成分として用いられていることが多く、ビタミンEも天然のものは配合が難しいため化学合成の成分となっていますが、医療品などに使用されているほど安全性の高いものなので、育毛剤に含まれている抗酸化成分は頭皮にも安心して使える成分となっています。

 

効率よく、確実に育毛させるためにも抗酸化成分が配合されています育毛剤を選ぶことが重要なポイントとなります。

 

関連ページ

関連ページ

男性ホルモンを抑制する成分@テステステロンを防御してDHTを背せ
男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(テステステロン)を抑制する働きがあります。するとDHTが生成されないので抜け毛が減ります。
抹消血管拡張の効果@血行促進は発毛促進へ
ミノキシジルなど効果の高い抹消血管拡張成分があります。血流が高まると肝臓で作られた栄養分が毛根へ運ばれやすくなるので発毛にとても効果が高いんですよ。では、副作用の心配のない安全な成分とは・・・・・
毛母細胞活性化の効果@髪の毛が生えるんです!
育毛剤の効果・効能を知るには、育毛剤に含まれる成分の効果効能を知る必要があります。毛母細胞活性成分とは、どんな役割がるのでしょうか?何故、発毛効果が高まるのでしょうか?その答えは・・・・・
栄養補給成分の働き@髪の毛にも栄養が必要です
髪の成長には栄養素が必要です。そのため栄養補給成分配合の育毛剤が効果的なんです。特に女性には、産後の脱毛やダイエットにより薄毛の心配があるのでお薦めなんですよね。
頭皮代謝成分の効果@育毛に最適な頭皮環境を作る
女性にも薄毛の悩みが増えています。女性用には、頭皮代謝成分配合の育毛剤がお薦めなんですよ。その理由とは・・・・・
保湿成分の働き@女性の抜け毛の原因は頭皮の乾燥です
育毛剤には保湿成分が配合されいますが、重要な成分なんですよ。イチョウ葉エキス、海藻エキス、アロエ抽出液、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウムなどがありますが、何がそんなに大切なのかと言えば・・・・・
抗菌・消炎成分の効果@皮脂は雑菌の栄養素です
抗菌・消炎成分を含んだ育毛剤は、頭皮環境を整えるだけでなく、髪の毛の成長にも関係してくるんですよ。今、お使いの育毛剤は、いかがですか?一度、成分表示を確かめてみましょうね。
抗脂漏成分の働き@皮脂には5αリダクターゼがあるんです
男性ホルモンを悪玉男性ホルモンのDHTへと変えるのが還元酵素の5αリダクターゼです。その還元酵素が含まれているのが皮脂なんですね。過剰な皮脂が「薄毛の敵」である根拠です。では、抗脂漏成分とは・・・・・
角質溶解成分の効果@角質化した皮脂を溶解し浸透させる
毛穴が詰まってたは、髪の毛の成長を阻害するだけでなく、育毛剤の浸透をも阻害するのです。角質溶解成分の配合された育毛剤を使用するのも一つの予防ですね。