毛母細胞活性成分 育毛剤

育毛剤の効果・効能を知るには・・・・・

育毛剤には沢山の種類があり、育毛剤を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
育毛剤を選ぶ基準のようなものがないと、雑誌広告や新聞広告、テレビCMのなど内容に左右されてしまうかもしれません。

 

結果として効果があれば問題ないのですが、「数か月使用したけど効果がなかった」なんてことになりかねません・・・。

 

育毛剤を使用している人の多くは、「ただ何となく効果がありそうだから」と選び、成分の効果・効能には意外と無頓着な人ものなんですよね。

 

育毛剤選びで失敗しないためには、育毛剤に配合されている成分を確認することが大切なんですよね。育毛成分には、どのような効果・効能があるのかぐらいは調べることが必要なんですよ。

 

その中でもM-034エキス毛母細胞に働きかける成分として最も効果の高い成分の一つです。また、それだけでなく髪の毛を太くする効果を持つ成分なんです。

 

そんな凄い効果持つM-034エキスが配合されている育毛剤にチャップアップがあります。

 

チャップアップは他にも、育毛効果の高いヒキオコシエキスや抜け毛予防効果を持つノコギリヤシ、ビワ葉エキスなど育毛効果の高い成分が多く含まれているんです。育毛剤では最多の50種類の有効成分を配合しているんです!(育毛サプリも含む)

 

 

チャップアップの詳細は>>

毛母細胞活性成分とは・・・・・

育毛剤の中には、毛母細胞活性成分というものがありますが、これは髪の成長に必要な酵素系を活性化したり、毛母細胞へのエネルギー供給に必要な物質になるんですよ。

 

毛母細胞活性成分は、育毛剤に含まれる成分が毛母細胞に直接働きかけて細胞の分裂を活発にして髪の成長を促進するんです。

 

また、毛母細胞とは、血液によって運ばれた栄養分を吸収して細胞分裂を行いながら毛髪を作る細胞なんですよ。

 

細胞分裂活性化成分は皮脂を栄養として繁殖する悪玉常在菌の活動を抑えたり、頭皮の炎症を抑える物質や保湿剤、頭皮の乾燥を防ぐ物質などが含まれているんです。

効果を引き出すためには・・・・・

使用する上で大切なことは、同じヘアケア用品でも、ヘアクリームなどは、毛穴から皮膚の上にでている部分だけのケアを意識していますが、育毛剤の場合は毛穴の中に伸びている毛根部に直接働きかけるんです。

 

そこにしみ込ませることが出来なければ、効能効果も違ってきます。
あくまで毛髪を成長させれるためには、浸透力も大切なんです。

 

そのためには、シャンプーで2回程度洗い、まずは、汚れた頭皮を清潔にし皮脂を取り除いた後に、育毛剤を頭皮にすりこむことが大切です。

 

関連ページ

関連ページ

男性ホルモンを抑制する成分@テステステロンを防御してDHTを背せ
男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(テステステロン)を抑制する働きがあります。するとDHTが生成されないので抜け毛が減ります。
抹消血管拡張の効果@血行促進は発毛促進へ
ミノキシジルなど効果の高い抹消血管拡張成分があります。血流が高まると肝臓で作られた栄養分が毛根へ運ばれやすくなるので発毛にとても効果が高いんですよ。では、副作用の心配のない安全な成分とは・・・・・
栄養補給成分の働き@髪の毛にも栄養が必要です
髪の成長には栄養素が必要です。そのため栄養補給成分配合の育毛剤が効果的なんです。特に女性には、産後の脱毛やダイエットにより薄毛の心配があるのでお薦めなんですよね。
頭皮代謝成分の効果@育毛に最適な頭皮環境を作る
女性にも薄毛の悩みが増えています。女性用には、頭皮代謝成分配合の育毛剤がお薦めなんですよ。その理由とは・・・・・
保湿成分の働き@女性の抜け毛の原因は頭皮の乾燥です
育毛剤には保湿成分が配合されいますが、重要な成分なんですよ。イチョウ葉エキス、海藻エキス、アロエ抽出液、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウムなどがありますが、何がそんなに大切なのかと言えば・・・・・
抗菌・消炎成分の効果@皮脂は雑菌の栄養素です
抗菌・消炎成分を含んだ育毛剤は、頭皮環境を整えるだけでなく、髪の毛の成長にも関係してくるんですよ。今、お使いの育毛剤は、いかがですか?一度、成分表示を確かめてみましょうね。
抗脂漏成分の働き@皮脂には5αリダクターゼがあるんです
男性ホルモンを悪玉男性ホルモンのDHTへと変えるのが還元酵素の5αリダクターゼです。その還元酵素が含まれているのが皮脂なんですね。過剰な皮脂が「薄毛の敵」である根拠です。では、抗脂漏成分とは・・・・・
抗酸化成分の効果@頭皮の酸化を抑えて皮脂を角質化させない
抗酸化成分は地味な存在ですが、実はとても重要な成分なんです。どんに重要かと言えば・・・・・
角質溶解成分の効果@角質化した皮脂を溶解し浸透させる
毛穴が詰まってたは、髪の毛の成長を阻害するだけでなく、育毛剤の浸透をも阻害するのです。角質溶解成分の配合された育毛剤を使用するのも一つの予防ですね。