頭皮代謝成分 育毛剤

女性にも薄毛の悩み

最近では、男性だけでなく女性にも薄毛に悩む人が多くなっていますよね。
髪の毛が細く、量も減り、頭皮が薄くなってくるという症状で、本人にはナイーブな問題なんです。また、20代前をや10代の若者にも薄毛の問題が広がっているんですよね・・・・・。

 

考えられる原因としては遺伝であったり、過度のストレスによるものや、直接的ではないものの、男性ホルモンと女性ホルモンのホルモンバランスが影響しているという説もあります。

 

女性の社会進出から、近年では男性と大差なく働く女性も増えていますね。それに伴い、男性だけでなく女性にも薄毛の悩みは深刻化しているんです。それが、女性が育毛剤に対する意識を高めているんです。

ヘアサイクルを正す鍵は“頭皮の代謝”

薄毛の要因は様々ですが、原因となるのは、一般的に悪いメカニズムにあると言われています。

 

というのも、
頭皮の血行が悪くなったために、髪の毛が育たず退化してしまうヘアサイクルに陥るんです。

 

抜け毛を予防するには、まず、そのヘアサイクルを正さなければなりません。そのために、頭皮の代謝成分がカギとなるんですよ。

頭皮代謝成分を使用した育毛剤

最近では、男性用女性用ともにシャンプーやトリートメントであったり、スプレータイプの育毛剤であったり様々なものが広く開発され出回っており、抜け毛の兆候を感じたら、早めに予防しようとすることが大切なんです。

 

しかし、

 

育毛剤の成分を理解しないまま、キャッチコピーや宣伝文句だけで商品を選んでしまうのはお薦めできません。

 

 

育毛・発毛に大切な「頭皮代謝成分」が使用されているかなど、十分に吟味して選ぶことが大切なんですね。

 

主な頭皮代謝成分には「クロレラエキス、ヒノキチオール、酵母エキス、クロレラエキス」などがあります。
育毛剤を購入するまえに成分表を確認してみましょうね。

日頃から気をつけること

まずは規則正しい生活や、十分な睡眠時間を取ることが、頭皮や髪の成長にもプラスになります。

 

女性は特に、産後に一時的に抜け毛が増えることがあります。ストレスによるものもありますが、「びんまん性脱毛症」といって、立派な脱毛症なんですよ。

 

そこでひどく落ち込まずに、まずは刺激の強すぎない頭皮代謝成分の入った育毛剤を使用してみるのも効果的なんです。

 

日頃から、頭皮には頭皮代謝が大切だということを念頭に置き、育毛シャンプーや頭皮代謝成分配合の育毛剤を使用するなどして予防しておくことが良いですよね。

 

関連ページ

関連ページ

男性ホルモンを抑制する成分@テステステロンを防御してDHTを背せ
男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(テステステロン)を抑制する働きがあります。するとDHTが生成されないので抜け毛が減ります。
抹消血管拡張の効果@血行促進は発毛促進へ
ミノキシジルなど効果の高い抹消血管拡張成分があります。血流が高まると肝臓で作られた栄養分が毛根へ運ばれやすくなるので発毛にとても効果が高いんですよ。では、副作用の心配のない安全な成分とは・・・・・
毛母細胞活性化の効果@髪の毛が生えるんです!
育毛剤の効果・効能を知るには、育毛剤に含まれる成分の効果効能を知る必要があります。毛母細胞活性成分とは、どんな役割がるのでしょうか?何故、発毛効果が高まるのでしょうか?その答えは・・・・・
栄養補給成分の働き@髪の毛にも栄養が必要です
髪の成長には栄養素が必要です。そのため栄養補給成分配合の育毛剤が効果的なんです。特に女性には、産後の脱毛やダイエットにより薄毛の心配があるのでお薦めなんですよね。
保湿成分の働き@女性の抜け毛の原因は頭皮の乾燥です
育毛剤には保湿成分が配合されいますが、重要な成分なんですよ。イチョウ葉エキス、海藻エキス、アロエ抽出液、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウムなどがありますが、何がそんなに大切なのかと言えば・・・・・
抗菌・消炎成分の効果@皮脂は雑菌の栄養素です
抗菌・消炎成分を含んだ育毛剤は、頭皮環境を整えるだけでなく、髪の毛の成長にも関係してくるんですよ。今、お使いの育毛剤は、いかがですか?一度、成分表示を確かめてみましょうね。
抗脂漏成分の働き@皮脂には5αリダクターゼがあるんです
男性ホルモンを悪玉男性ホルモンのDHTへと変えるのが還元酵素の5αリダクターゼです。その還元酵素が含まれているのが皮脂なんですね。過剰な皮脂が「薄毛の敵」である根拠です。では、抗脂漏成分とは・・・・・
抗酸化成分の効果@頭皮の酸化を抑えて皮脂を角質化させない
抗酸化成分は地味な存在ですが、実はとても重要な成分なんです。どんに重要かと言えば・・・・・
角質溶解成分の効果@角質化した皮脂を溶解し浸透させる
毛穴が詰まってたは、髪の毛の成長を阻害するだけでなく、育毛剤の浸透をも阻害するのです。角質溶解成分の配合された育毛剤を使用するのも一つの予防ですね。